遺言作成サポートサービスのご案内

遺言作成サポートサービスは、ご依頼者の希望に沿った法的に適正で有効な遺言を作成できるように、遺言が無事に完成するまでを当事務所がサポートする業務です。具体的には、次のようなことを当事務所が行います。

 

  1. 遺言を作成するために必要な相談及び助言
  2. 遺言を作成するために必要な公的証明書等の資料の取得及び調査
  3. 遺言文案の作成
  4. 筆記後の遺言のチェック(自筆証書遺言の場合)
  5. 公証役場との打合せや調整(公正証書遺言、秘密証書遺言の場合)
  6. 公証役場への付き添いおよび証人の手配(公正証書遺言、秘密証書遺言の場合)

遺言作成サポートサービスを利用する主なメリット

  • 法律専門家によるサポートを受けて作成するため、法律的に無効であったり、不備のある遺言となるリスクを抑えられます。
  • 遺言作成に必要な法律や情報の収集、役所などでの必要な証明書等の取得、文案の考案、公証役場に対する打合せや調整などの時間的、労力的な負担を軽減できます。
  • 法律専門家の助言や提案により、ご自身のみで作成するよりも、より希望に沿った有意義な遺言となる可能性があります。

遺言作成サポートサービスの費用

遺言作成サポートサービスを利用するにあたっては、当事務所の報酬および実費がかかります。

報酬(消費税別)
  • 基本報酬 70,000円
  • 遺言に記載する財産額が5000万円を超える場合は超えた額に0.1%を乗じた額が加算されます。
  • 必要書類を取得する場合、1通2,000円(取得実費込み)が加算されます(取得実費が1,000円を超える場合は取得実費+1,000円)。

    ※ ご自身でご用意される場合は加算されません。

  • 証人を手配する場合、1名につき10,000円が加算されます。

    ※公正証書遺言および秘密証書遺言の場合には証人2名が必要となりますが、1名は当事務所が基本報酬内で担当します。したがって、残り1名を手配する場合となります。なお、ご自身で知人等から証人を手配する場合は加算されません。

  • 往復1時間を超える出張を要する場合は、超えた1時間までごとに5,000円が加算されます。

    主に、相談、打合せを当事務所から遠方で行う場合や、手続きをする公証役場が遠方であるような場合に加算されます。

実費
  • 公証役場費用(自筆証書遺言の場合は不要)および業務上必要となった交通費、郵送費等が必要となります。
  • 公証役場費用は法定されています。日本公証人連合会のサイトをご参照ください。

遺言作成サポートサービスの事前相談および依頼のしかた

  1. まずはお電話またはお問合せメールフォームにて事前相談のご予約をお願いいたします。

    ※ 事前相談は無料です。
    ※ 相談場所は原則として当事務所となります。出張をご希望の場合は、事務所からの距離によっては所定の出張費用がかかる場合がありますのでお問い合わせください。
    ※ メールフォームによる相談予約の場合は、遺言作成サポートサービスの事前相談予約である旨を記載頂き、相談の候補日時を複数記載しておいて頂けると助かります。

     

    当事務所電話番号 099−225−8250

     

  2. 事前相談にて、個別のケースに応じた注意点や提案等があればお伝えし、依頼をされた場合の費用のお見積りや業務の流れ等についてお話しいたします。
  3. 事前相談の結果、よろしければご依頼ください。しばらく検討頂いて後日ご依頼頂いても結構ですし、ご依頼をしないという結果でも大丈夫です。当事務所が依頼を強制することはありませんので、ご安心ください。

遺言作成サポートサービスを依頼できる方

  • 当サービスをご依頼できるのは、遺言書を作成するご本人のみとなります。
  • ご親族や親しい友人など、ご本人の関係者からの事前相談はお受けしますが、最終的に、当サービスを利用できるのはご本人のみです。
  • ご本人の関係者から当初の相談等があったとしても、当サービスでは、ご本人の意思のみによって遺言は作成されます。ご本人の関係者の希望や意見等があったとしても、ご本人自身が希望しない限り、採用されません。
  • 判断能力の程度によっては当サービスを利用できない場合があります。
トップへ戻る