遺言で出来ること2「相続させる旨の遺言」

「相続させる旨の遺言」と言われても、これだけでは、どのようなことか分からない方も多いと思います。しかし、実際の遺言では、私の経験上、おそらく最も多く利用されていると思われるのが、この「相続させる旨の遺言」です。以下、なるべく分かりやすく説明していきます。

 

もし、遺言書がなければ、遺産は、原則として、相続人どうしの遺産分割の話合いで分けていかなければいけません。しかし、この話合いが上手くまとまらず、長期間、遺産を分けることが出来なくなってしまうことが度々あります。

 

また、遺言者としては、例えば、家業で使用している土地と建物は、家業を継ぐ相続人へ、自宅の土地と建物は、同居して自分の面倒をみてくれている相続人へ、というように、特定の財産を特定の相続人に、直接取得させたいと考える場合が多いと思われます。

 

このような場合、遺言では、特定の財産を特定の相続人に、遺産分割をさせることなく(つまり、他の相続人との合意を必要とせずに)、直接取得させることができます。これを一般的に、「相続させる旨の遺言」と呼んでいます。

 

遺言書には、例えば、「遺言者は、遺言者の有する次の不動産を、遺言者の長男〇〇(昭和〇年〇月〇日生)に相続させる。」というような書き方をするので、このように呼ばれています。

 

遺言で出来ること@で説明した「相続分の指定」は、あくまで、遺産全体の取得割合を指定するだけですので、実際に個々の遺産を分けるための遺産分割はしてもらう必要があります。その点、「相続させる旨の遺言」は、遺産分割を必要としないことが大きな特徴と言えます。

 

ちなみに、「一切の財産(財産全部)」を相続させる、というような遺言も可能です。一切の財産と言っても、結局は、個々の特定の財産の集合体に過ぎないので、この場合、全ての遺産を、遺言で指定された相続人が、遺産分割をすることなく、直接取得することになります。

 

トップへ戻る